So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

【サウジアラビアの旅】羽田国際ターミナル [旅行]

サウジアラビアへのツアーは、大阪伊丹空港から羽田のチケット込みなので、まずは伊丹から羽田に向かう。

羽田での国内線から国際線へのトランジットは初めてだ。国際線ターミナルへ連絡バスで移動して、フィリピン航空のカウンターへ。通常のエコノミーの行列の横にジェッタ行き団体客カウンターが出来ていた。

3時間前の22時ちょい過ぎには着いて並ぶものの、なかなか進まない。チェックインに50分ほどかかった。

現地通貨は現地キャッシングすることが多いが、今回はドル持参で、トランジットのマニラでもタクシー利用を想定したので、ペソも持っていく。

羽田の国際ターミナルの制限エリアは初めてだが深夜でも営業しているお店が多くて賑わっていた。関空ももうちょっとお店営業してて欲しいところ。

ゲートでツアーを同行する顔見知りと合流したところに、何故かツンさんの姿が。これからネパールに行くのだとか。出発前のサプライズとなった。

nice!(0)  コメント(0) 

【サウジアラビアの旅】羽田国際ターミナル [旅行]

サウジアラビアへのツアーは、大阪伊丹空港から羽田のチケット込みなので、まずは伊丹から羽田に向かう。

羽田での国内線から国際線へのトランジットは初めてだ。国際線ターミナルへ連絡バスで移動して、フィリピン航空のカウンターへ。通常のエコノミーの行列の横にジェッタ行き団体客カウンターが出来ていた。

3時間前の22時ちょい過ぎには着いて並ぶものの、なかなか進まない。チェックインに50分ほどかかった。

現地通貨は現地キャッシングすることが多いが、今回はドル持参で、トランジットのマニラでもタクシー利用を想定したので、ペソも持っていく。

羽田の国際ターミナルの制限エリアは初めてだが深夜でも営業しているお店が多くて賑わっていた。関空ももうちょっとお店営業してて欲しいところ。

ゲートでツアーを同行する顔見知りと合流したところに、何故かツンさんの姿が。これからネパールに行くのだとか。出発前のサプライズとなった。

nice!(0)  コメント(0) 

【サウジアラビアの旅】VISAの話 [旅行]

ワールドカップアジア最終予選サウジアラビアアウェイのVISAの顛末。

サウジアラビアは2017年現在観光VISAが無いため、サッカー観戦のため入国するには、個人手配では不可能で、ツアー会社を経由し特別にVISAを発行してもらう必要がある。その為、西鉄のJFAオフィシャルツアー、セリエフットボールネットのツアーのなかから、木曜日中に帰阪できるセリエのツアーに申し込んだ。前回のイランでのイラク戦から間もない6月末の頃だ。

その後、8/22にVISA申請。当初、セリエの案内ではVISA申請料約2万円は、各自がVISAセンターに払ってくださいとのことだったが、VISAの種類が変わったので、5万アップと保険料、ラウンジ利用が割り当てられたらさらに1万円払ってくださいとの追加連絡があった。また、事前に連絡できなかったお詫びに2万円分のポイントを付与するとのことだ。

ツアー申し込み時にはそんなリスクはどこにも書いてないわけで、本来ならその差額は旅行代金から差し引かれるのが筋と思う。また、お詫びポイントもらっても使いこともない。しかしながら、この段階でもめてもVISAは発給されないので、申請した。

VISAはワーキングVISAとなり、VISA代プラス保険料(保険料は強制的に加入させられる)で76484円となった。幸い、ラウンジは割り当てられなかったので、ラウンジ料1万円は払わなくて済んだ。

それでVISAは発給されたものの、人伝えに聞いた話では、同じくセリエで申し込んでいた、独身女性21人のVISAが発給されず、ツアーをキャンセルせざるを得なくなったということ。それに対して、セリエは20%のキャンセル料を当初請求しようとしたものの、激しい反発により全額返済になったとのことだ。

VISA取得の資料作成と関係部署への交渉はセリエの持ち分であり、自らの調整不足によりこのような事態を招いておきながら責任を棚に上げる姿勢は、あきれるばかりだ。やはり、サウジアラビアのような特種な国でのツアーはセリエでは荷が重かったのだろうと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

インターネット環境を固定・モバイル共に見直した [日々雑感]

インターネット環境を固定・モバイル共に見直した。

【固定回線編】
自宅の固定回線は、これまでアクセス回線にフレッツ光ネクストファミリー隼(東日本だとギガマンションスマート相当)、ISPにSo-netだった。

3年位前に開通した当初は、部屋まで光配線で、回線速度も100Mbpsとか家庭用では夢のような速度が出たものの、今年に入り速度低下が著しかった。特に21時以降はスピードテストで1Mbps位しか出ないことも多く、モバイルのアプリのアップデートがwifi経由で固定回線より、モバイル回線の方が速いほどだった。

マンションにはフレッツの他にeo光がアクセス回線として引き込まれているので、今回はeo光にしてみた。
eo光は関西電力系の会社で、独自にアクセス回線を引いていて、ISPも自社なので、フレッツとISPの問題点は発生しない。但し、マンション内はVDSLなので、せっかくの光配線からは逆戻りだ。と言ってもインターネットの速度のボトルネックはそこにはないので気にしない。

申し込み後、2週間ほどで開通。電話もNMPで移行したので、NTT西日本との契約はなくなった。インターネットの速度だが、これまで遅かった23時前後でも60Mbpsから80Mbpsと充分な速さ。久々に退会したニコニコ動画見たが、会員でなくとも動画はスムーズだし、DAZNも高画質で止まることはほとんどない。

料金は、これまでNTT西日本が3700円くらい、So-netが900円ちょっとだったので計4600円くらいだったが、eo光だと3800円ほど、キャンペーン期間中で1年は2800円位だ。

速度測定サイト
http://netspeed5beta.studio-radish.com/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【イランの旅】イスファハンの世界遺産を巡る [旅行]

この日は、ホテルをチェックアウト後荷物を預けて、昨夜ライトアップで回った世界遺産群の中を見て回る。チェックアウト手続きの際、フロントのお姉さんとhelloやthank youは日本語ではなんて言うのか?なんて話とか、この日はエマーム広場でもいろいろ話しかけられた。大概は、絨毯や土産品、お金のコレクションとかになるので、ほどほどに打ち切るが、それほどしつこくはない。

回ったとこと入場料はこんな感じ
エマーム広場
マスジェデシェイフロトゥフォッラー 20万IRR
マスジェデエマーム 20万IRR
アーリーガーブー宮殿 20万IRR
マスジェデジャーメ
本来入場料20万IRRだが、この日はお祈りに使われていて無料だった。
スィーオセ橋
昼は暑く35度くらいと思うが、日陰や緑地は涼しい。特に、芝生は気化熱を奪われるからか冷たくて気持ちいい。また、エマーム広場からマスジェデジャーメは、行くときは時折迷ったが、google mapどうり行くと、全て屋根のあるバザールの通って行くことができる。特にエアコンはないのだが、バザールの中は涼しく歩きやすい。こんな「アーケード街」を誘導するgoogle mapはすごい。

スィーオセ橋の後、ホテルに荷物を取りに行き、タクシーでバスターミナルへ向かった。
DSC_9072.JPG
DSC_9073.JPG
DSC_9076.JPG
IMG_20170612_111358.jpg
DSC_9079.JPG
DSC_9080.JPG
DSC_9087.JPG
DSC_9088.JPG
DSC_9091.JPG


【イランの旅】イスファハンのライトアップ [旅行]

シーラーズからバスで7時間、21時頃イスファハンに着く。ホテルからエマーム広場は徒歩5分くらいだ。バスでもらったお菓子をつまんでから、早速、エマーム広場のライトアップを見に向かう。

エマーム広場は夜22時過ぎというのに家族連れで賑わっていた。この時間になると、昼の猛暑とはうって変わって涼しくすごしやすい。昼はラマダンだからか、夏のお祭りのように家族連れが、シートを敷いて、もちろんビニールのレジャーシートではなく、ペルシャ絨毯を敷いてくつろいでいる

マスジェデ・エマーム、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー、アーリー・ガーブー宮殿とそれらをつなぐ回廊が美しい。観光客用の馬車が場内を回っており、カッコいい。

一通り散策したあと、タクシーでシーオセ橋のライトアップに行く。もう0時近かったので、現地にタクシーがいないことを想定して、現地でタクシーに待ってもらったが(おかげで余計なお金かかったが)、現地は深夜にも関わらず観光客で賑わっていてタクシーもいくらでもいた。

翌日もこの橋に来たけど、やはり夜のライトアップの方がいい。川を渡る風が涼しかった。宿の近くに、ものすごくロングのソフトクリーム屋があって、翌日買うかと思ったが、ラマダンでやってなかったのが残念(((^^;)

DSC_9029.JPG
DSC_9031.JPG
DSC_9037.JPG
DSC_9038.JPG
DSC_9046.JPG
DSC_9043.JPG
DSC_9040.JPG
DSC_9042.JPG
DSC_9052.JPG
DSC_9054.JPG
DSC_9057.JPG
DSC_9060.JPG
-- 6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空 6/10 07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971 ・アーザーディタワー
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空 6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・エマーム広場、スィーオセ橋 6/12
・エマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス 6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表 6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空 6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316

【イランの旅】シーラーズ~イスファハンVIPバス [旅行]

エラム庭園からKarandishバスターミナルまで送ってもらい、この日ペルセポリスからチャーター車ともお別れ。Hosseiniさん、お世話になりました。

バスは、15時発で手配してもらっていたが、ちょっと早めに13:50頃、乗車手続き。すると、14時のバスに前倒ししたから、24、25番のバス停に行けとの案内。あと、10分しかないし、バスターミナルどんなところかゆっくりしたかったが、バス停に向かう。バスのチケットは、ペルシャ文字で何が書いてあるのかわからないが、ウロウロしていると逆に聞かれるので、チケット見せて場所を聞く。24,25番バス停で確認すると、まだ、乗車は始まってなかった。荷物を荷物置き場に積んで、引換の番号札をもらう。その後、おもむろに乗車が始まる。バス会社は、Hamsafarバス。シーラーズからイスファハンまで10USDだ。

ネットで下調べしていた通り、噂のイランVIPバスは3列シートで広々。ふくらはぎを支えるレッグレスト付きで、座面であぐらかけるほどだ。出発が1時間早くなったのは予想外だったが、おかげでイスファハン着が22時予定から21時予定となる。夜のエマーム広場見たかったので、これはラッキーだった。出発時間となり、バスが動き出す。

車内はガラガラだ。座席は指定だったが、最初間違えたものの、指摘されてペルシャ数字をネットで調べてみる。19は、ペルシャ数字でもほぼ同じだった。出発して間もなく、ジュース、お菓子の詰め合わせが配られる。が、ラマダンだからかお菓子だからなのか、食べている人はいなかった。日の当たる1列側から空席の2列側に移る人がいたので自分も移る。しばらくして、途中のバス停でも乗車があり、満席となり元の席に戻れなくなったので、そのまま2列席にいる。

バスは、ペルセポリスの近くを通り、砂漠の荒野をイスファハンに向かう。もう、ひたすら荒野だ。20時位まで明るい。ふと、隣のイラン人が英語で話しかけてくる。見た目は、目が青く、ヨーロッパ人のようだったが、生まれも育ちもイランとか。シーラーズまで長いので、こちらは片言でしんどいながらも会話する。名前はファリドさん。イスファハンの病院に入院している父の見舞いに行くのだとか。ITに詳しく、イランじゃ、TelegramやWhatsAppがメジャーだと、Bluetoothでapkファイルをコピーしてインストールさせられるw ウイルスならどうーすんだこれw 都市部以外は、ネットは非常に遅いのだ。

そうしているうちに休憩所につく。小さな売店の前だ。6時間の乗車時間だが、休憩はこの1回。車内のクーラーボックスには水があって飲み放題だが、バスにトイレはないのであまり思い切って飲めない。休憩時間は20分くらいだろうか。飲み物買って、バスの前にいると、フロントガラスの洗車が始まる(^^;)

休憩が終わり、また、荒野をイスファハンに向かう。イスファハンの南のバスターミナルでファリドさんは降り、私は終点のKavehバスターミナルで降り、タクシーでこの日の宿に向かった。












--
6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空 6/10
07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空 6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋 6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス 6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表 6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空 6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316

【イランの旅】エラム庭園 [旅行]

ナグシェロスタムからシーラーズ市内に戻る。帰りも50分ほど。シーラーズ市内の世界遺産ペルシャ式庭園であるエラム庭園に向かう。ここの前の売店では水売ってた。助かる。ペットボトルの水が5000イランリアル、17円ほどだ。エラム庭園の入場料は20万IRR。さっきまでとはうって変わって緑豊かな風景だが、日陰以外暑すぎ。滞在50分ほど。








--
6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空
6/10 07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空
6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋
6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス
6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表
6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空
6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316
タグ:イランの旅
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イランの旅】ナグシェロスタム [旅行]

ペルセポリスからナグシェロスタムまでは10分ほど。入場料20万IRR(700円位)
崖全体が歴代の王様の墓所となっているところだ。ここでも、ペルセポリスで会ったイラン人親子と再会。一緒に写真を撮る。テヘランから来たのだとか。ペルセポリスと合わせて、イラン人も来てみたい観光地なのだろう。

ここは、広くないので滞在30分ほど。ラマダンで売店で水売ってないのが辛い。気温がかなりの高温でスマホのカメラ機能がしばしば使えなくなる。後で気が付いたのは、濡らしたハンカチでスマホを冷やすといいということだ。






--
6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空
6/10 07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空
6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋
6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス
6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表
6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空
6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316
タグ:イランの旅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イランの旅】ペルセポリス [旅行]

長旅の直後だったが、時差の関係で早起きになる。8時にはチェックアウトし、ちょうどチャーター車の迎えが来た。ドライバーはHosseiniさん。幸い、英語通じるドライバーを手配してくれた。会話にはならないけど日本語も少し知っているようだった。ちなみに、チャーター代は60USDだ。

シーラーズ市内からペルセポリスは、クルマで1時間ほどと言われているが、50分で着く。入場料20万IRR。お土産屋さん過ぎたあたりにある小屋みたいなところで、手荷物を預けるように他の客に言われる。預けるのは無料。

ペルセポリスの遺跡は、今から2500年前の遺跡だ。英語ガイド無しを選択したが、地球の歩き方がかなり詳しく書いてあるので、ガイドは不要だろう。同じ時間時間帯に着いた観光客は、だいたい同じようなペースで歩くことになるけど、イラン人の親子連れが同じようなペースで、写真をお互いに撮ったりと観光地といった感じだ。

気温は35度以上はあったが、湿度が低いため、日陰は涼しく感じる。別料金の博物館はエアコンが効いているので、20万IRRかかるが休むにはちょうどよい。レリーフが並んであるあたりは屋根があるので助かる。

8時50分から11時頃までいて、次のナグシェロスタムに向かう。2時間くらいでちょうどいい感じだ。















--
6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空
6/10 07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空
6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋
6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス
6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表
6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空
6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -