So-net無料ブログ作成
検索選択

クルマの持つワクワク感 [クルマ]

モーターショー後日談になるけど、とあるアンケートに答えて気になったことがある。
それは、ある質問にモーターショーや展示しているクルマにワクワク感が感じられるか?という内容だったのだが、もちろん私の回答は、全くなかったである。

ふとクルマの持つワクワク感とは何だろうと、考えてみる。

乗る(買う)前ならこれまでにないテクノロジーで凄い性能があるとか、とんでもなくカッコいいとか。乗っている時なら、アクセルを踏めば誰よりも早く、どこまでも続くような加速感とか、ハンドルを回せば自由自在にコーナリングするとか。そんな、感性的な主観的なものだろうと思う。

今回のモーターショーのメインは、エコロジー。どのブースも、ハイブリットカーは当然で、その先のプラグイン電気自動車や一人乗りのセグウェイみたいなのとか多かったように思う。

もちろん、これらのテーマは重要ではあるが、ワクワク感とはやはりかけ離れたものだろうと思う。また、そんなワクワク感なんか古いからやめなさいと言われている様な感じさえする。
かといって、GT-Rのようなクルマは、以前ならワクワク感は感じたものの、今はガソリンをがんがん燃やして得る高性能に技術的な凄さを感じないし、なにか後ろめたさのようなものを感じてしまう。

しかし、いわゆるエコカーでワクワク感が得られないかというとそんなことはないと思う。要は、GT-Rを超えるスポーツカーを、F1を越えるレーシングカーをモーターとバッテリーで造って欲しいのだ。恐らく現在のモーターの出力、バッテリーの容量では難しいのだろうと誰もが思っている。それをブレークスルーしてこそ、あらたなワクワク感が生まれるのだと思う。

と、外野から勝手なこと言って見たが、研究・開発する方はすげー大変だろうな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。