So-net無料ブログ作成
検索選択

【イランの旅】メヘラーバード空港と手荷物一時預かり [旅行]

ルーホッラー・ホメイニー空港から国内線空港のメヘラーバード空港Terminal4へタクシーで移動。
事前には確認できなかった、手荷物一時預かりサービスを発見。手荷物を預けて、テヘラン市内を散策に出かける。

料金は、5時間位で120000リアル、400円位。どうも桁を間違えることが多いが、イラン人は一桁少ないトマンで言ってるっぽい。トマンだと12000で12000リアル渡したら違ってたが、そりゃ40円なわけないか。







--
6/9 23:45 KIX関空 - 6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空
6/10 07:45 DXB - 10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空
6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋
6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス
6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表
6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港 - 22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空
6/15
03:30 DXB - 17:40 KIX関空、EK316
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イランの旅】プリペイドsimカード [海外simカード]

プリペイドsimカードは、テヘランのルーホッラー・ホメイニー空港で買う。
入国手続き済んで、ロビーに出たところにある。
通信会社:Irancell-MTN
データ容量:3GB
値段:31万IRR or 10USD

他のプランは
1.5GB、16万IRR or 5USD
5GB、46万IRR or 15USD

アクティベートまで30分位待って、SMSが送られてきたので、再起動するとつながった。万が一アクティベートできないことを想定して、アクティベートを待って空港を出る。
イランでは通信規制があるので、facebook、twitterは接続できない。VPN経由なら可能。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イランの旅】旅の組み立て [旅行]

今回のイランの旅の組み立て
6/9 23:45 KIX関空~6/10 04:50 DXBドバイ、EK317エミレーツ航空

6/10 07:45 DXBドバイ~10:45 IKAルーホッラー・ホメイニ空港、EK971
・sim購入、200USD両替
・タクシーでホメイニ空港~メヘラーバード空港
・easypayカード購入、アーザーディータワー
20:10 THRメヘラーバードT4~21:30 SYZシーラーズ、W5187マーハーン航空

6/11
・ペルセポリス、ナグシェロスタム、エラム庭園
14:00 シーラーズKarandishバスターミナル~21:00 イスファハンKavehバスターミナル、Hamsafarバス
・イマーム広場、スィーオセ橋

6/12
・イマーム広場、アーリーガーブー宮殿、マスジェデエマーム、マスジェデシェイフロトゥフォッラー、マスジェデジャーメ、スィーオセ橋
17:00 イスファハンKavehバスターミナル~23:00 テヘランBeihaghバスターミナル、Hamsafarバス

6/13
16:55 W杯アジア最終予選 イラク代表vs日本代表

6/14
・ゴレスターン宮殿、テヘランバザール、旧アメリカ大使館、ショッピングモール
21:00 IKAルーホッラー・ホメイニ空港~22:50 DXBドバイ、EK980エミレーツ航空

6/15
03:30 DXBドバイ~17:40 KIX関空、EK316

反省点があるとすれば、先にテヘランまでの航空券を買ってしまったので、マーハーン航空でテヘランからシーラーズに移動しているか、ドバイ~シーラーズまでフライドバイがあったので、
・ドバイ~シーラーズ:フライドバイ
・シーラーズ~イスファハン~テヘラン:バス
・テヘラン~ドバイ:フライドバイ
とすれば、帰りは5時間ほど早くなるが、行きは12時にはシーラーズ入りできたのでその方がよかった。
シーラーズ~イスファハンは、週1便しか飛行機がなく、イスファハン~テヘランも、飛行機の時間帯が合わない為、高速バス移動となった。
ペルセポリスは、シーラーズ~イスファハンの間にあるので、当初、テヘラン~イスファハン、イスファハン~ペルセポリス~シーラーズも検討したが、イスファハン~ペルセポリス~シーラーズをチャーター車とすると時間と値段がしんどいので断念。
タグ:イランの旅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大阪~長野あれこれ [旅行]

大阪市内発~新大阪・新幹線・名古屋・東海道線・中央西線・篠ノ井線・信越線・長野・新幹線・金沢・北陸線・湖西線経由~山科行き
いわゆる、6の字乗車券で11660円
あと、山科~新大阪760円で往復12420円

仮に個別で買うと(篠ノ井、長野下車前提)、
新大阪~篠ノ井(名古屋経由) 7020円、篠ノ井~長野 200円、長野~新大阪(金沢経由)7880円で15100円。

新大阪~名古屋~長野は437.4キロなので往復割引は効かないが、金沢経由より安いので名古屋経由で往復すると7340円×2で、14680円。篠ノ井で切るとなぜか120円安いので、わざわざ切って買えば、14440円w

どちらにせよ、6の字乗車券のように、できるだけ一筆書きで乗車券を買って、目的地は途中下車の方が安くなる。

特急券は、のぞみ3410円+しなの1410円、はくたか+サンダーバード5620円。いずれも乗り継ぎ割引適用される。はくたか+サンダーバードは本来なら6710円だが、J-WESTカード会員だとe5489予約で安くなる。東日本のえきねっとのようなものだが、えきねっとだと安くならない。東日本の長野駅でも西日本のe5489の切符は受け取れる。

のぞみをエクスプレス予約のe特急券使ったら安くなるかと言うと、e特急券は2230円だが、
乗り継ぎ先のしなのに乗り継ぎ割引が適用されず3100円になるので510円高くなる。

新大阪~長野で検索すると、上記の名古屋経由、金沢経由の他に、東京経由も出てくる。時間はいずれも4時間前後。さすがに東京経由の東海道新幹線+北陸新幹線は面白くないので、検討外w

ちなみに、名古屋→長野で木曽谷を眺めながら行くなら、進行方向左側、A列を予約する。



トキの森公園 [旅行]

今回の新潟遠征のついで観光は、佐渡島にあるトキの森公園。トキ見たことなかったので、見に行ってみた。

新潟からはジェットフォイルで1時間。そこからバスで15分ほど。普段は乗り継ぎが悪いのだが、この日は佐度マラソンに伴う臨時ダイヤで、乗り継ぎがちょうどよかった。

マジックミラーのようになっていて、トキ間近で見られのは凄い。ただ、残念ながらつがいのトキが大喧嘩してしまい、この春のたまごが割れてしまったとのことで、トキの繁殖の難しさを目撃することとなった。昨年まで毎年2羽位の雛を育てたベテランのつがいなのだそうだ。

それでも、スタッフに呼ばれて外に出ると、朱鷺色の羽を広げて大空に舞う野生に帰ったトキが。当たり前のこととはいえ、トキには大空が似合う。

バスが1時間に1本で、見学時間は1時間で充分だが、じっくり見ると1時間半ほど。タクシーだと片道3000円弱なので、レンタカーで他の佐渡島の見所を見つつ立ち寄るのがいいかもしれない。











札幌遠征メシのまとめ [旅行]

今回の札幌遠征メシをまとめてみる。
【マルトマ食堂】
マルトマ丼
https://tabelog.com/hokkaido/A0108/A010802/1000842/

【札幌ドーム売店】
おつまみジンギスカンとサッポロクラシック生

【炭火焼ジンギスカン ポッケ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1033269/

【スープカリー ヒリヒリ2号】
ココナッツスープの骨チキチキンカリー
野菜たっぷりセット
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1004285/

【けやき 新千歳空港店】
コーンバターラーメン
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010701/1042872/

【ロイズ 新千歳空港店】
ソフトクリーム
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010701/1025239/






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【DAZNダゾーンはなぜ止まったり画質が悪化するのか?】 [日々雑感]

DAZNは、インターネットを使った動画ストリーミングのため、放送であるスカパーにはない問題が発生する場合がある。原因について、仕組みをかいつまみながらお勧め構成を考えてみる。
なお、ここでは、家のテレビで見ることを前提とする。

■DAZNがテレビに映るまでの経路
ざっくり、以下の経路をたどる

・DAZNの配信サーバー

・サーバー接続のインターネット回線

・個人契約のインターネット回線

・自宅内のネット環境

・DAZN再生クライアント機器

・テレビ

このうち、DAZNのサーバーとサーバーが使うネット環境は、DAZNの設備投資次第で増強されるので、個人ではどうにもならない。サービスの始めは、収入の少ないDAZNは設備投資をケチる可能性は高い。加入増→配信パンク→設備増強の繰り返しになるだろう。
後に述べる個人でベストな環境を整えても、ここが駄目だと止まったり画質が悪化する。設備は、同時にどの程度アクセスを見込むかで能力が決まる。できるだけ、アクセスが分散してピークが平坦であれば、設備投資は少なくて済むので、試合開始時間を自由にできるようになったのは、むしろDAZN側が望むところなのだろう。

■インターネット回線は何がいいか?
モバイル回線や光回線、ケーブルテレビのネット接続などいろいろあるが、以下のお勧め順となる。
光回線、ケーブルテレビネット>ADSL> モバイル回線

DAZNはテレビでHD画質で見る回線速度として9Mbpsを推奨している。モバイルでも可能が数字だが、サッカーの試合時間、常に安定してこの回線速度を維持できるかというと、固定回線に比べると安定性にかける。
また、スカパーオンデマンドでは1試合の目安が1GBだったので、容量の面でも不安はある。
ADSLは9Mbpsでない場合もある。光回線やケーブルテレビはほぼクリアできると思うが、時間帯によってはインターネットが混雑し、スピードがでない場合があるので、DAZNの画質が悪化したり、止まったりする。

■自宅内のネット環境
有線LANと無線LAN、無線LANにも2.4GHzと5GHzがあるが、お勧めは
有線LAN>無線LAN5GHz>無線LAN2.4GHz

2.4GHzの無線LANは、古くからある無線LANなので、周囲で使われていることが多い。また、電子レンジにも使われているので、干渉を受けて、通信が途切れ途切れになる可能性はある。

なお、無線LANも高速化技術がいろいろ出てるが、DAZNを再生する機器が対応してないといけないので、無理に最新の高速化技術対応である必要はない。

■DAZN再生機器
Amazon fireTV、Amazon fireTV stick、android TV(android機能内蔵TV)、PC、スマホの画像転送、スマホのHDMI接続、ゲーム機
自分で試してみたのは、Amazon fireTVとandroid TVのSTBであるNEXUS player

古いPCだと性能が落ちるので画質に影響があるかもしれない。fireTVはfireTVstickより高いけど、性能がいいのと有線LAN使えるのがいい。

いろいろ書き連ねてきたが、今のところ、ベストな組み合わせは、
光回線のインターネット、室内は有線LAN、再生機器はAmazon fireTV、androidTVあたりだと思う。

【DAZN入って見た後編】 [日々雑感]

前編 http://tokyo-kenbun-log.blog.so-net.ne.jp/2016-08-26 では見る条件などまとめてみたが、実際に見た感想だ。

ライブ放送、過去の放送共に、画質、特に解像度はテレビと比べてそれほど悪くない。ただし、残念ながらコマ送りのようにカクカクすることは時折発生する。野球を見たが、ピッチャーが投げて止まって、次にボールがピッチャーに戻ってる感じだ(キャッチャーがキャッチするシーンがない)。また、音はテレビ放送に比べるとこもったような音質だ。

ベイスターズvsタイガースの試合をライブでサンテレビとDAZNで放送してたので、テレビを2画面表示にして、左にDAZN、右にテレビ放送を表示して遅延がどの程度あるか比べてみた。
サンテレビで試合終了して、約2分後にDAZNで試合終了。ライブ放送といっても、遅延時間はかなりある。

DAZNはサービス開始間まもないので、サーバーもサーバー周りのネットワークも、初めちょろちょろという状態だと思う。
コマ送りや遅延は、今後設備が増強されれば改善されると思うが、加入者数とトラフィックの集中度合いで、設備投資とバランスをとって利益をあげようとすると、いたちごっこになるのだろう。
Jリーグが契約したとき、今後は試合時間を自由に設定できるという話があったと思うが、トラフィックを分散させる為なのかとも思う。

遅延の改善は、テレビと同じレベルは難しいだろうと思うが、録画とあわせて、来シーズンのJリーグ中継開始までにはできるだけ改善して欲しい。追加機器を買わなくてもアクトビラやTSUTAYA TVのようにTVのネット接続機能で見られるなら視聴者増加に有効だろう。今のままだと、スカパーの方がいいかなと思える、DAZNのファーストインプレッションだった。


【DAZN入って見た前編】 [日々雑感]

来年からJリーグ中継をするDAZN。DAZNと書いてダゾーンと言うらしい。先日からサービスが始まったので早速入ってみた。
特に気になるのは、大型のテレビで見る方法とその画質はどうなんだ?という点だ。

まず、アカウントを登録する。その際、支払いに使うクレジットカードも登録する。1ヶ月無料で、その後は税抜き1750円だ。

スマホで見た感じは、一般的な動画配信と変わらない。
1アカウントで2デバイスまで同時視聴が可能だ。

気になるテレビで見る方法だが、androidTV内蔵のスマートTV、Amazon fire TV、Fire TV Stickを接続したTVで可能だ。まだ対応してないがゲーム機でも可能になるようだ。

ちょっと前のテレビにはネット経由でアクトビラ、TSUTAYA TV、Huluを見る機能があるが、それでは見ることはできない。恐らく、ほとんどユーザーは何らかのセットトップボックスが必要になるだろう。

また録画する方法はない。過去の試合もオンデマンドで見られるのだから、録画は不要ということなんだと思うが、どうしても録画したい試合があったり、録画してDAZNを解約したあとも見るとかの方法はない。

今回は、以前買ったままほぼ放置してた、android TVのセットトップボックスであるnexusプレーヤーを使ってみた。

ネットワークはISPがso-netでアクセス回線は光NEXT隼マンションタイプ。この時間は混んでいる時間帯なので15Mbps位だ。

テレビでHD画質で見るには9Mbpsは必要なので、2時間程度安定してこのスピードを維持するには光回線もしくはCATVが必要だろう。モバイル回線は短時間ではスピードが出るが、長時間は厳しいと思う。

後編につづく
http://tokyo-kenbun-log.blog.so-net.ne.jp/2016-08-26-1